お葬儀の作法

焼香の作法(仏式)

数珠は焼香時には欠かせない物です。
必ず持参致しましょう。

焼香の作法は宗派、地域により多少の違いがありますが、おおむね次の要領です。
葬儀壇前の遺族の並ぶ末席まで進み、遺族と僧侶に向かって一礼します。

焼香のできる位置まで進み、位牌と故人の写真を見て一礼します。

右手の親指、人差し指、中指の3指で香を少量つまみ、香炉の中に静かに落とします。

焼香のあと合掌し、深く一礼をします。
僧侶に一礼して席に戻ります。

※真宗の作法においては、いただいたり何回も香をくべることはしません。

玉串奉奠(神式)の作法

玉串は根元の方を右手、枝先の方を左手で受取り、右に回し根を祭壇に向けて置きます。
このあと二礼二拍手一礼しますが、拍手はしのび手といって音をたてないようにします。

※天理教においては、二礼四拍手、一礼四拍手一礼(弱く拍手)します。

1根元を右手で持ち、胸の高さに捧げて一礼する。

2根元を手前にして持つ。

3根元を左手に持ちかえる。

4根元が祭壇を向くようにして供える。

献花(キリスト教式・無宗派)の作法

献花は花を右にして受取り、90度右に回し花を手前に、茎を先に持ちかえて献花台に捧げ、手を組み合わせ(無宗派は手を組み合わせなくてもよい)頭を下げ気味にして黙祷して故人の永遠の安息を祈ります。

1花を右側にして持ち、霊前に一礼する。

2花を手前に向ける。

3左手に持ちかえる。

4霊前に両手で供える。

まずはお気軽にご相談ください。

24時間 365日対応しております。お電話でのお問い合せはHPを見たとお伝えください。

  • お気軽にお問い合わせ下さい 0120-07-9222
  • 24時間受け付けております メールでのお問い合せ